パニック障害(頭痛・めまい・過呼吸・不安感)

大阪府 枚方市 在住 20代 男性


<来院するまでの経過>


1年ほど前から勤め先の会社が

完全成果主義になり強い精神的ストレス

を感じるようになった。


3ヵ月前から動悸を感じるようになり、

1か月前に車を運転中に強い動悸を感じ

コンビニに停車し休憩をしていたら

過呼吸も起き、そのまま救急搬送された。


検査では心臓や呼吸器には異常はなく

パニック障害と診断された。


心療内科に転院して安定剤を処方され

現在に至る。


インターネットで当院を見つけて来院された。


<来院時の状態>


過呼吸は起きなくなったが、動悸があり

めまいや耳鳴り、首こり、肩こり、頭痛

漠然とした不安感が襲う等の症状が

断続的に起こる。この1週間は不眠ぎみ。


<施術内容>


BASE療法で脳内バランスを整え

自律神経を整えた。

加えて骨格や筋肉に対する施術も

行った。


<治療期間と頻度>


約4ヵ月間


初めの1ヵ月は週に1回の頻度で施術

後に2週間に1回のペースで施術


<現在までの経過>


現在は首こりが少し残っているが

前述の症状はほぼ消退しいる。


不安感も減りパニック障害の発作も

起こらずに過ごせている。


現在は2~3週間に1回の頻度で

メンテナンスの施術をしている。


<投稿者>


はる鍼灸整骨院

島井 浩次




28回の閲覧

最新記事

すべて表示

腰痛・坐骨神経痛(腰の痛み・左のお尻から太ももにかけてのシビレ)

腰痛・坐骨神経痛 (腰の痛み・左のお尻から太ももにかけてのシビレ) 40代 女性 事務職 大阪府枚方市在住 <来院時の状態> 知人の紹介で上記の症状を訴え来院。 初検時は腰に手をあて左脚をかばって 足を引きずりながら来院。 事務職でデスクワークが多く、座っている 時間が長い。搬入などがある場合は 重い荷物を運ぶこともあるとのこと。 来院の2週間前に仕事中に腰が痛くなり 徐々に左のお尻や太ももの裏に

背中の痛み

背中の痛み ◆30代男性(整体師)以前は坐骨神経痛、首痛で通院 ●症状 背中の痛み、前屈すると背中が痛い 病院への検査もなく、直接当院へ来院 ●検査 脊柱モーションパルペーション 筋肉のダメージチェック ●施術 〇BASE療法にて脳ストレスのリセット 〇第4胸椎のハイパーモビリティケア 〇仙骨の下方変位へのアプローチ ●評価 これで可動域は上がったが、前屈時の痛みが残っていたので 筋肉を

腕のだるさ

腕のだるさ ●患者情報 30代、女性、妊婦(二人目) HPを見て妊婦への施術を対応してくれることを確認しご来院 ●症状 ソファで右下側臥位の姿勢にし、その後ずっと重だるい。 ●検査 ライトテスト 右+ 血中酸素濃度 左99 右98 右仙腸関節ハイパー ●施術 〇BASE療法にて脳ストレスのリセット 〇鎖骨下、腋窩、および上腕筋間中隔での神経障害ケア 〇小胸筋のダメージケア 〇鎖骨下筋の筋膜リ

© 2020 西日本BASE研究会

サイト訪問者数