背中の痛み

背中の痛み

◆30代男性(整体師)以前は坐骨神経痛、首痛で通院 ●症状 背中の痛み、前屈すると背中が痛い 病院への検査もなく、直接当院へ来院 ●検査 脊柱モーションパルペーション 筋肉のダメージチェック ●施術 〇BASE療法にて脳ストレスのリセット 〇第4胸椎のハイパーモビリティケア 〇仙骨の下方変位へのアプローチ ●評価 これで可動域は上がったが、前屈時の痛みが残っていたので 筋肉をチェックすると最長筋に25cmと20cm程の縦方向ダメージが2カ所見られたた。 ●施術2 〇筋肉ダメージのアプローチ これにより前屈痛みが緩解、本人の主訴は概ね解決した。 施術回数1回 ●考察 筋肉のダメージがあると、独特の違和感があり、通常行われているマッサージや最近のトレンドである筋膜リリースで緩解することはない。ダメージは直さないと治らない。 筋肉のダメージは、詳しく調べると体中に数多く存在しているが、痛みなど症状を呈しないことも多い。 しかし一度違和感なり、痛みなどの不快感を感じると、きちんとしたケアをしない限り症状が緩解されることはない。


●投稿者

整体院プラント春日井

柘植 守道

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

腰痛・坐骨神経痛(腰の痛み・左のお尻から太ももにかけてのシビレ)

腰痛・坐骨神経痛 (腰の痛み・左のお尻から太ももにかけてのシビレ) 40代 女性 事務職 大阪府枚方市在住 <来院時の状態> 知人の紹介で上記の症状を訴え来院。 初検時は腰に手をあて左脚をかばって 足を引きずりながら来院。 事務職でデスクワークが多く、座っている 時間が長い。搬入などがある場合は 重い荷物を運ぶこともあるとのこと。 来院の2週間前に仕事中に腰が痛くなり 徐々に左のお尻や太ももの裏に

腕のだるさ

腕のだるさ ●患者情報 30代、女性、妊婦(二人目) HPを見て妊婦への施術を対応してくれることを確認しご来院 ●症状 ソファで右下側臥位の姿勢にし、その後ずっと重だるい。 ●検査 ライトテスト 右+ 血中酸素濃度 左99 右98 右仙腸関節ハイパー ●施術 〇BASE療法にて脳ストレスのリセット 〇鎖骨下、腋窩、および上腕筋間中隔での神経障害ケア 〇小胸筋のダメージケア 〇鎖骨下筋の筋膜リ

腰痛・坐骨神経痛(太ももの後ろから足にかけての痛み)

腰痛・坐骨神経痛(太ももの後ろから足にかけての痛み) 72才男性 タクシー運転手 初見日2月15日 足を引き摺り疼痛性破行で来院 主訴‥病院でヘルニアと言われる。大腿後面と前屈腰部に痛み 検査‥バルサルバ+ 左足SLR 30°付近で陽性 膝蓋腱反射低下 FNSでは陰性 母指背屈テストでは左親指減弱 感覚検査‥スネ外側下3分の1辺りの感覚鈍麻 母子背側〜母子、第二中足骨間での鈍麻    神

© 2020 西日本BASE研究会

サイト訪問者数